プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

スイーツ/デザート Feed

2010年10月15日 (金)

りんご

余市産のりんごです。apple

活カニの花咲でも今度、お醤油のだしにりんごを使います。

また、活カニの花咲の姉妹店サフォーク大地でも肉の付けだれにりんごを使っているのです。

リンゴ酸という成分が肉を柔らかくする作用を持っておりますのでたくさんのりんごを使います。

りんごは、すりおろして小さなお子さんの離乳食、お弁当のりんごのうさぎさん、ジャム、焼きりんご、大きく育ったらりんごの丸かじり。

皆さんのお子さんもりんごはお好きでしょうか?

カニ親父、子供が大好きです。お店に来て下さるお子さん、海水浴の時に出会った小さなお子さん可愛らしいです。

やはり、子供の笑顔は素晴らしいですね!!

カニ親父本当に今まで出会ったお子さんから、「笑顔」という大切なものを頂きました!!

しかし、最近の幼児虐待や最悪な自分の子供を殺すというニュースにはショックを受けます。

どうして、産まれてきた自分の子供にあの様な残酷な事をしてしまうのか?考えられません。

テレビやインターネットでニュースになっている事件は氷山の一角です。

まだまだ、他にも明るみに出ていない事件がたくさんあると思っております。

胸が掻き毟られます。

どうか、お節介と思わずに子供達が発する小さな信号を皆さん受け取って何かあったら助けてあげて下さい。

子供達が喜んでりんごを美味しそうに食べる日を心から願う毎日です。

カニ親父思い出しました。

昔のお話です。

貧しい若い夫婦が一つのりんごを子供と3人で食べるというお話です。apple

夫婦はまず、子供にりんごを一かじりさせ、次にお母さんが小さく一かじり、次に子供、次にお父さんも小さく一かじりと、子供、お母さん、子供、お父さんと、子供に多くりんごを食べさせるというお話です。

子供は、両親に問いかけます。

お父さんとお母さんは、おなかがすかないの?

両親は、答えます。私達は、おなかいっぱいだよと。

子供に対する深い愛情のあるお話でした。

貧しくても心は豊かで心温まる感動のりんごのお話です。apple

皆さんもこのお話は、ご存知でしょうか?

いつも、皆さんの応援ありがとうございます。

カニ親父でした。

2010年9月 1日 (水)

メロンちゃん

おはようございます!!活カニの応援いつもありがとうございます!!

こちらの画像の箱の中にも、様々な道産メロンがたくさん詰まっております。upwardleft

産地は、数え上げたらきりがありません。

当店でも、お出ししている夕張メロンもたくさんあります。

あま~いheart02あま~いheart02メロンちゃん達です。

活カニの花咲