プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2013年10月 8日 (火)

血液サラサラ…にする効果がある野菜②

ピーマン

植物の緑色の色素であるクロロフィル(葉緑素)は血管内に中性脂肪がたまるのを防ぎ、血液の流れをよくするはたらきがあります。ピーマンはクロロフィルが豊富です。

2013年10月 7日 (月)

血液サラサラ…にする効果がある野菜①

玉ねぎ

辛味成分にさまざまな硫黄化合物が含まれ、かたまった血液をサラサラにする作用があります。

また、たまねぎには、血液の流れをスムーズにし、中性脂肪を除く有効成分であるポリフェノールも含まれます。

たまねぎの血液をサラサラにする効果のある成分は、水に長時間さらしたり、加熱すると効果が弱まるので、生のまま摂るほうがよいでしょう。

2012年4月11日 (水)

イクラの醤油漬けの作り方

①筋子はなるべく皮の柔らかそうなものを選びます。
下準備として、醤油タレを用意しておきます。 醤油2に対して1を混ぜて沸騰させ、冷ましておきます。 必要な醤油タレの量は筋子の重さの20%程度。
筋子の皮を破ります。

  45度~50度のお湯に3%のを入れ(海水程度)、 筋子をその中でほぐしていきます。イクラが白っぽくなってしまう時は、塩を足せば元の色に戻ります。

    ツブがバラバラになったら、破れたツブの皮や色の変わったツブを取り除きます。
お湯と塩を足してゴミを流しながらそっと洗ってきれいにしていきます。

    きれいになったら、ざるに上げて水切りをします。
10分ほど水切りをしたら密閉容器に移し、醤油タレをヒタヒタになる程度入れて冷蔵庫で保存します。
2時間たったら食べてみて、味が薄いようなら醤油タレを足します。
6時間程度で出来上がり。

  (インターネット引用)

i

2012年4月10日 (火)

イクラー筋子の品種

日本ではの卵をイクラと言いますが、 "イクラ"とは元々は魚卵を意味するロシア語です。

卵巣に入った常態のものを筋子と言い、 通常はバラバラのイクラにできないような未熟卵を卵巣ごと塩漬けにしたものが売られます。

塩の作用でほぐれにくくなっています。

イクラの方はご存知のようにこれを一粒づつバラしたものです。

未熟卵だとツブが壊れてしまいますし、 成熟しすぎると食べた時に皮が残って食感が悪くなりますので、 ちょうどよい成熟具合のものを選んでイクラにします。

(インターネット引用)

2011年11月 8日 (火)

タラバガニの調理方法・目利き

タラバガニの蟹味噌(肝臓)は加熱しても固まらず美味しくないので、ゆでる前に取り除いてしまうのが普通です。

メスが抱いている卵は外子、内子(甲羅の内側に付いている紫色)とも美味。

甲羅の固いもの、サイズの割にずっしりと重いものが身が詰まっていて美味。

2011年11月 7日 (月)

タラバガニの品種

甲殻綱十脚目異尾類タラバガニ科。

蟹と言われますがヤドカリの仲間で、足とハサミを合わせて4対(8本)しかありません。

しかし実は小さな5対めの脚が甲羅の中に隠れています。

日本海、オホーツク海、ベーリング海など北太平洋に分布し、水温10度以下の冷たい海を好みます。

太平洋側では襟裳岬、 日本海側では隠岐島が分布の南限。

普段は水深150~300mの深海にいますが、産卵期には水深30m程度の浅い海に集まってきます。

卵が孵る(かえる)まで1年、成熟するまでに10年かかるそうです。

甲羅の中よりも脚の肉を主に食べるので、身の充実した冬場のオスが最も高く評価されます。

2011年10月11日 (火)

かき(牡蠣)の健康効果

「海のミルク」といわれるかき(牡蠣)は、海の幸を凝縮させた栄養豊かな食品です。

一般の貝類がそうであるように、かきにもアミノ酸の一種タウリンが多く含まれており、タウリンには、血圧や血中のコレステロール値を下げる効果があり、高血圧症や、動脈硬化の防止に役立ちます。

また、かきの栄養成分でよく知られる鉄は、女性に多い鉄欠乏性貧血の予防に効果があります。

ほかにもカルシウム、銅、亜鉛などのミネラル類を多く含み、ビタミンA・B1・B2・B12などのビタミン類も豊富に含まれています。

ヨーロッパではかきは、単に美味しいというだけでなく、スタミナ増強の食品として古くから利用されており、動脈硬化・肝臓病・心臓病などの生活習慣病(成人病)、神経過敏症、精力減退に効果的に働く作用があります。

またかきは、視力回復にも役立ちます。

かきの摂り方としては、新鮮なかきなら生食で、そのほか、かき飯・鍋ものなどがおすすめです。

2011年10月 7日 (金)

ウニについて

北海道で獲れるウニといえばエゾバフンウニとエゾムラサキウニ。

エゾムラサキウニはバフンウニと比べ、外殻の棘が長く、身の色はクリーム色。

その事から「白ウニ」とも呼ばれています。

また、その名の通り、外殻が紫色をしているのも特徴です。

「バフンウニとムラサキウニ、どう違うの?」と思われるかもしれませんが、バフンウニが濃厚な甘さなのに対し、ムラサキウニは爽やかな甘さ。

口当たりは淡雪のように儚く、けれども味はしっかりしております。

2011年7月12日 (火)

お店で楽しむ白糠産の子羊

年々生産頭数は増えているものの、まだまだ希少な道産羊。

海外ものに比べ、肉質がやわらかく香りが上品なところが特徴です。

08年の洞爺湖サミットに素材提供された酒井さんは、道東の白糠町で放牧で羊を飼っています。

酒井さんのラムを楽しめる札幌で唯一のお店が札幌・ススキノにある「花咲deサフォーク大地」。

ジンギスカンとは違い、いろんな部位を炭火で網焼きし、塩味で楽しみます。

ラムのハンバーグ+ラクレットチーズも最高!

2011年7月11日 (月)

ジンギスカンは「食べても太らない!?」と女性たちからの指示も絶大!②

■ 羊肉は100g当たりのコレステロール値が50mgと魚肉並の低コレステロール、またコレステロール値を下げる効果のある不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

■ 羊肉には摂取すると体脂肪を燃焼させる効果のある「L-カルニチン」という物質が多く含まれています。

動物のタンパク質に多く含まれている物質ですが、その量は牛や豚に比べても3~10倍も多くダントツで、食べると体内の脂肪の燃焼を促進してくれるんです。

■ 漢方では体を温める作用があるといわれている羊肉。モンゴルでは冬の貴重なビタミン源としても食べられてきたようです。

活カニの花咲