プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

良いピーマンの見分け方

「ヘタの周りをチェック」

ピーマンやパプリカはヘタの周りから傷んでくるので要チェック。

肩に張りがあるものが良いです。

2015年7月30日 (木)

ピーマンの『注目成分はピラジン』

トマトの約4倍のビタミンCを始め、カテロン・ビタミンE・カリウムなども多く含みます。

最近、注目されているのは、匂いの成分でもあるピラジン。

血をサラサラにして血栓や血液凝固を防ぐため、脳梗塞や心筋梗塞の予防に有効。

カテロンがより多いカラフル品種は、抗酸化作用が高く、

緑種は貧血予防効果があるクロロフィルが含まれています。

2015年7月29日 (水)

ピーマンの<効果・効能>

『注目の成分』

ビタミンC・ビタミンE・ビタミンP・カテロン・カリウム

動脈硬化予防・免疫力強化・美肌作り・夏バテ防止・疲労回復

2015年7月28日 (火)

きゅうりの品種

「加賀太」

石川県金沢市原産の品種。形はずんぐりと太く直径10cmにもなる。果肉がしまっており、生食よりも煮物に。

「四川」

中国系「四葉」の改良品種。皮が薄く、ちりめん状、歯ごたえもよい。ほのかな甘みがある。

「もろきゅう」

ふつうのきゅうりを若採りしたもので、品種名ではない。もろみを添えて食べる料理名がそのまま呼び名となった。

2015年7月27日 (月)

きゅうりの見分け方、保存法

良いきゅうりの見分け方

太さが均一で、左右対称なものが良い。

きゅうりの保存法

表面の水分をよくふき取り、ビニール袋に入れ野菜室に立てて保存。

 

2015年7月24日 (金)

きゅうりの<効果・効能>

「カリウムが老廃物を排出」

成分の約95%は水分で、ビタミンCやカリウムが含まれています。

カリウムの利尿作用で、体内のむくみやだるさが解消。

ビタミンCを壊すアスコルビナーゼという酵素が含まれているので、

ほかの野菜と一緒にサラダにする時には、酢を加えてその働きを抑えるとよいです。

2015年7月23日 (木)

きゅうりの<効果・効能>

『注目の成分』

ビタミンC・カリウム・カテロン

高血圧予防・利尿作用・美肌作り・二日酔い防止

2015年7月22日 (水)

花ズッキーニ

本場イタリアのマーケットでは、花つきのズッキーニが並ぶ。花の中にチーズとアンチョビを詰め、フライにしたものはポピュラーな前菜。雄花でも。

2015年7月21日 (火)

ズッキーニの保存法

ラップで包んで、野菜室に。日持ちしないので、なるべく早く使い切りましょう。

大きすぎないものを選びましょう。丸型や黄色がある。

 

2015年7月17日 (金)

ズッキーニの<効果・効能>

『注目の成分』

カテロン・ビタミンC・亜鉛

「低カロリーで美肌効果も」

カテロンやビタミンCが豊富で風邪の予防や美肌に効果があります。しかも、低カロリー。

油と一緒に取る事でカテロンの吸収率が高まります。亜鉛・鉄・カリウムも含みます。

活カニの花咲