プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

なすの『紫色の成分はポリフェノール』

紫紺色の皮にはナスニン(ポリフェノールの一種)というアントシアニン系色素が含まれています。

アントシチニンは活性酸素の働きを抑制し、ガンなどの生活習慣病を予防する効果があるだけでなく、動脈硬化や高血圧の予防効果もあるといわれています。青なすや白なすにはアントシアニンはありません。その他、血圧降下作用のあるカリウムもたっぷり。

2015年6月29日 (月)

なすの<効果・効能>

注目の成分

ビタミンC・B1・カリウム

効能・・・ガン予防・高血圧予防・動脈硬化予防・口内炎予防・眼精疲労回復

2015年6月26日 (金)

トマトの品種③

「フルーツルビー」

フルーツのような甘さの中玉トマト。果先が少しとがったハート型が特徴。生食向き。

 

「シシリアンルージュ」

トマトの本場、シシリア島で育種開発された調理用トマト。ピンク系トマトの3倍もの
グルタミン酸を含む。

「アイコ」

果肉が厚く、甘みの強いプラム形ミニトマト。リコピンを既存のミニトマトの2倍も含む。加熱調理にも向いている。

2015年6月25日 (木)

トマトの品種②

ファースト

冬から春にかけて、出回る。大玉ピンク系トマト。果先がとがっているのが特徴。完熟品種が普及する以前、多く流通していた。

2015年6月24日 (水)

トマトの品種

桃太郎

大玉ピンク系トマトの代表品種。果肉がしっかりして、完熟出荷ができる。甘みと酸味のバランスがよい。重みのあるしまっているものを選ぶとよい。

2015年6月23日 (火)

トマトの保存法

冷やしすぎると、味が落ちるので、夏場以外は冷蔵庫に入れずに、冷暗所に置くのが良いでしょう。

2015年6月22日 (月)

トマト

「果肉のゼリー部分」

ゼリー部分には、食物繊維のペクチンが含まれています。その旨味成分(グルタミン酸)は果肉成分よりも多く、トマトソースなど加熱調理する際は、この部分がポイントということ。

2015年6月19日 (金)

トマト

「トマトのスターマーク」とは水や肥料を制限して栽培した、糖度の高いトマトをフルーツトマトと呼ぶ。実の先から放射線状に広がるスターマークは、フルーツトマトに見られる特徴的なライン。甘みと酸味とのバランスを考えると、甘すぎてもダメ。糖度7程度が理想的。

 

2015年6月18日 (木)

リコピンで生活習慣病予防

赤系トマトに含まれている赤い色は、リコピンという成分で、有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化などの予防効果が期待できます。また美肌作用のあるビタミンC・カロテン、さらにカリウム、血管を強化するルチン、食物繊維のペクチンなども含まれます。疲労回復効果の高いクエン酸も多く、栄養価も高い野菜。

2015年6月17日 (水)

トマトの<効果・効能>

効能・・・動脈硬化予防・疲労回復・ガン予防・便秘予防・活性酸素除去

注目の成分 リコピン・ビタミンC・ビタミンB6・カテロン・カリウム・ルチン

活カニの花咲