プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

健康について③

赤ちゃんの健康

保健所では、4ヵ月児や8ヵ月児を対象に乳児健康診査を行っています。4ヵ月児の診査では先天性股関節脱臼、先天性心臓疾患、神経芽細胞腫などの検査をはじめとして、赤ちゃんの健康状態を調べます。また、育児上の不安や疑問に答えるため保健指導も行っています。8ヵ月児の診査は、主として聴力障害や視力障害を含む心身障害などをみます。

 

2015年5月28日 (木)

健康について②

赤ちゃんの健康

赤ちゃんの健康管理は、とくに1歳になるまでは細心の注意を払いましょう。赤ちゃんは1歳になるまでは細菌などの外敵にとても弱いのです。出生前の赤ちゃんは大人の半分程度の免疫力を母親から受け継いでいますが、出生直後から急激に低下。そして、3ヵ月を過ぎた頃から徐々に免疫力がつき、だいたい1歳頃に出生時と同じレベルに戻ります。

2015年5月27日 (水)

健康について①

健康という目で見ると、人は世代・年齢でかかりやすい病気があり、そのときにとくに注意しなければいけないこと、知っておかなければいけないことがあります。

あなた自身や、あなたのご家族のために、健康づくりをライフステージごとに見ていきましょう。

2015年5月26日 (火)

アルコール④

最近話題になったポリフェノール。これは赤ワインなどに多く含まれ、血中のコレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きがあるといいます。ポリフェノールをとるために赤ワインで泥酔という笑い話もありますが、何事もほどほどに。

2015年5月25日 (月)

アルコール③

昔から「百薬の長」とも言われ、食欲を増進させたり、血行をよくする効果も持っています。最近でも、適量の飲酒は長生きの秘訣であるという研究報告があります。それによると、アルコールを適量飲んでいた人は、まったくお酒を飲まない人や大量に飲んでいた人に比べて、長生きしていたというものです。長生きの理由は、適度のアルコールで善玉コレステロールが増えて心筋梗塞や狭心症などの発病が抑えられ、ストレスを軽減する作用もあったためといいます。

2015年5月22日 (金)

アルコール②

気をつけたいのは急性アルコール中毒で、短時間に許容量を超えるアルコールを飲むことで起こります。肝臓の中には「ALDH2」という酵素があって、二日酔いのむかつきや頭痛の原因となるアセトアルデヒドをおさえる働きがあります。逆に、「ALDH2」がよく働く人は、つい飲み過ぎてしまうことになるので、注意しましょう。

 

2015年5月21日 (木)

アルコール①

お酒が健康によくないかと言えば、それは人によりけり、量によりけりです。過ぎた飲酒は、肝臓や胃腸の病気を起こしやすくします。

 

2015年5月20日 (水)

タバコ⑱

COPDの治療と日頃の注意

肺や気管支の障害は、インフルエンザや肺炎などにかかった場合に重症化する危険性があります。

インフルエンザが流行する冬季にはうがいを励行する、秋にワクチン接種受けておくなど十分に注意することが大切です。

2015年5月19日 (火)

タバコ⑰

COPDの治療と日頃の注意

息が切れると動くのがおっくうになり、運動不足になって運動機能が低下して呼吸困難がさらに悪化する、という悪循環になりがちです。そのため、ウォーキングなどの軽い運動や腹式呼吸も効果的です。

2015年5月18日 (月)

タバコ⑯

COPDの治療と日頃の注意

気道を広げて呼吸を楽にする気管支拡張剤、咳を切れやすくする去痰剤などが対症療法的に用いられます。

 

活カニの花咲