プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

十一州  純米吟醸

米本来のふっくらとした旨味、まろやかで洗練された味わい。

北海道にこだわった自信作!

2014年10月30日 (木)

八海山  金剛心 

兵庫県産特A地区山田錦と、日本一の名所として有名な地元六日町城内地区産五百万石の長所を融合させ、両者の高度精白米の絶妙な配合と大吟醸造りの手法を駆使して醸し上げました。

氷点下の条件で2年間おだやかに貯蔵熟成させたもので、若すぎることもなく上品でまろやかに成熟したお酒。

金剛心の意は”ゆるぎない一元の心”と言う意味。

2014年10月29日 (水)

梅錦 大吟醸

平成15年、全国新酒鑑評会において27回の最高位”金賞”を受賞。

「品質向上の為の経営」を常に心がけているというだけあって、仕込水、原料米、そして杜氏の技を発揮しやすい環境など、旨い酒造りの条件を第一に考え、実践しています。

ワインを選ぶように1本1本選んで飲みたい蔵の一つです。

2014年10月28日 (火)

麒麟山 純米大吟醸

【吟醸の麒麟山】と県内では高い評価を受けている。

名門麒麟山の最高級酒「大吟醸」は香りは芳ばしい果実香、味わいはビロードのような滑らかさ、香り高くコクのある飲みやすい純米大吟醸酒です。

 

2014年10月27日 (月)

雪中梅 吟醸(大吟醸)

山田錦を精米歩合40%まで磨いた大吟醸規格になっております。

香りもほどよい吟醸香で、口に含むと優しく柔らかな中に上品な辛さと甘さが高度に調和しており、酸味がやや抑えられ、それでいてしっかりしたお酒です。

2014年10月24日 (金)

雪中梅 純米酒

昔ながらの手造りで大切に醸し出される雪中梅特別本醸造は、やや甘口の旨味のあるスッキリとした味わいで、女性にも飲みやすくおいしいお酒です。

決して量産はせず、品質にこだわり続けているお酒です。

2014年10月23日 (木)

越乃寒梅   大吟醸 超特選

越乃寒梅は明治40年創業。

酒銘は地元が梅の里であったことに由来しています。

”幻の酒”と呼ばれて全国的な人気銘柄になった後も、決して量産に走ることなく、高品質の酒造りを行っています。

2014年10月22日 (水)

菊姫 菊理媛 大吟醸

日本一の日本酒です。

菊姫では米本来のうまさを大切にし、濃い昔の酒の味を復元しました。飲み方は燗はさけて、冷又は常温でもかまいませんが、冷でお召し上がりになった方が良いかもしれません。

2014年10月21日 (火)

菊姫 大吟醸 黒吟

搾り時、酒袋から自然に滴り落ちる酒だけを集め、タンク貯蔵ではなく、一本一本ていねいに瓶詰め、 それを約三年間、理想的な状態で寝かせます。

その間、絶えず熟成度を確かめ、菊姫が「良し」と判断した時、初めて限定出荷いたします。

三年余という時のなかで、ゆっくり熟成させる「黒吟」独特の「老ね香(ひねか)」、「老ね味(ひねみ)」。

とびきりの素材と造りからしか生まれ得ない、とっておきの芳醇な酒「黒吟」。

花咲が提供させて頂く『活かに』に合う最高のお酒でございます。

2014年10月20日 (月)

菊姫    大吟醸 吟

吟醸酒は、もともと鑑評会に出品するための酒、利くための酒として生まれてきたそうなのです。

しかし、菊姫が従来より目指してきたのは「飲んで旨い吟醸酒」との事。
菊姫は吟醸酒とは、どこまで洗練され得るか、菊姫の意欲と誇りに賭けた品評会などを一切意識せず持てる力のすべてを注ぎ込んだ大吟醸を超えた「超吟」が「吟」なのです。

活カニの花咲