プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

いとよりだいの品種

イトヨリと呼ばれます。マダイの仲間(タイ科)ではなくイトヨリダイ科で、体長は50cmに達します。 紅色に輝く魚体に8本の金色の線がとおっている大変美しい魚で、 尾びれの上端が糸のように長く伸びているのが特徴です。 関東地方では採れないので以前は関西中心に珍重されていましたが、 最近では関東でも普通に売られるようになりました。

近縁種のソコイトヨリ(キイトヨリ)は金色の線が3本しかなく、腹の部分が黄色く見えます。 魚屋で”イトヨリ”と称して売られている事もありますが、やや水っぽく味が薄めです。

2013年11月28日 (木)

いとよりだい

豪華で繊細な美しさを持っています。この美しさは何のためなのだろうか、と考えてしまいます。 身も上品で大変美味しく、食卓を明るくしてくれる魚です。

2013年11月27日 (水)

わかめ

わかめは、「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」を中心に多くの栄養素を含んでいます。わかめのヌルヌルは、「アルギン 酸」という成分です。この成分は体内にある余分な塩分を取り除いてくれる働きがあります。「食物繊維」は整腸作用に優れています。また、豊富に含まれる 「ミネラル」は、血圧上昇を抑える成分や動脈硬化に対しても効果があることが分かってきています。

2013年11月26日 (火)

ひじき

ひじきは「カルシウム」「ヨード」「食物繊維」がたくさん含まれています。その中でも「カルシウム」は、大人が一日に必要な摂取量を簡単に取ることができます。骨粗しょう症予防や「食物繊維」による整腸効果、また、疲労回復などの症状に効果が期待できます。

2013年11月25日 (月)

ホタテ

ホタテは、淡白な味ですが少し甘みがあり、「たんぱく質」「カルシウム」「ビタミン」「鉄分」その他「ミネラル」などの 成分が豊富に含まれています。疲労回復やコレステロール値の低下などに効果がある「タウリン」は豊富です。この他にも、血糖の上昇を抑制したり・頭痛やめ まい・肩こり予防などの効果もあります。

2013年11月22日 (金)

たこ

たこは、脂肪分が少なく低カロリーです。また、「タウリン」が多く含まれており疲労回復に効果があります。その他に「た んぱく質」も含んでいます。これらの成分は、血液中の中性脂肪や余分なコレステロールを排出する働きがあって、動脈硬化や血栓を予防してくれる効果があります。さらに、「亜鉛」を多く含んでいるので、味覚障害の症状の回復に効果があります。亜鉛はたこのほかにイカや貝類にも多く含まれています。おもに食用に使われるのは、マダコ、ミズダコ、イイダコ。たこの美味しい時期は12月から2月と言われています。

2013年11月21日 (木)

サザエ

サザエの主な栄養成分は「タウリン」です。この「タウリン」は貝類全般に豊富に含まれている成分です。「タウリン」は、 血圧を正常にしてくれる効果やコレステロール値を低下させてくれる働きがあり、他の貝類よりも「たんぱく質」「ビタミン類」が豊富なことも特徴です。「亜鉛」や「ミネラル」などの成分が、貧血の防止、また滋養強壮に効果があります。

2013年11月20日 (水)

昆布

昆布には豊富な「食物繊維」が含まれています。食物繊維の一つである「アルギン酸」にはコレステロール値を低下させる働きがあります。「ヌルヌル」としたものが「アルギン酸」で旨味成分でもあるのです。その他にも、「ミネラル」を豊富に含んでいますので、普段の食生活での 塩分の取り過ぎを防いでくれたり、生活習慣病を予防するなどの効果も期待できます。

2013年11月19日 (火)

牡蠣

栄養素をバランスよく含んでいることから、牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど、栄養成分が豊富な食材です。貧血予防・風邪予防・老化防止・動脈硬化予防などの症状に効果が期待できる食材です。また、カロリーも低くコラーゲンも多く含んでます。

2013年11月18日 (月)

えび

えび自体のカロリーは大変低く、栄養素が高い食材です。えびの栄養成分は「タウリン」と呼ばれアミノ酸です。この「タウリン」は、血液の中のコレステロール値を抑制する効果や疲労回復・滋養強壮の効果もあります。この他に、高血圧予防・骨や歯の強化・肥満防止などの症状に効果を発揮します。

活カニの花咲