プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

さんま

サンマは、漢字で書くと「秋刀魚」まさに秋が旬の代表的な魚です。サンマには、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富に含まれ、DHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコサペンタエン酸)などの 不飽和脂肪酸なども豊富に含まれているので、血中のコレステロール値を下げたり、血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病の予防が期待されます。ビタミンでは、ビタミンA、D、E、B2、B12などが含まれています。ミネラルでは、カルシウム、鉄などが含まれています。

2013年10月30日 (水)

さわら

さわら(鰆)は白身で淡白なように見えますが、その成分はまぐろにも含まれる「EPA」や「DHA」と言ったコレステ ロールを取り除く成分を豊富に含んでいますし、高血圧を予防するのに有効なカリウムもたくさん含んでいます。さわらが美味しいのは一番脂がのっている春です。また、出世魚としても有名で「サゴシ」→「ヤナギ」→「サワラ」という名前になります。 

さわらを使った料理
照り焼き、塩焼き、煮つけや、蒸し物など。

2013年10月29日 (火)

さば

さばの栄養成分の中には「EPA・DHA」と言われるもが含まれます。他の青魚より比較にならないほど多く含まれていま す。また、ビタミンB、Dも豊富に含まれ、神経伝達物質の向上や血液をサラサラにしたり、疲労回復や美肌効果に役立っています。さばは、鮮度が落ちるのが 早いので、新鮮なうちに調理しましょう。さばの旬は9月から11月です。

2013年10月28日 (月)

さけ

鮭は川で生まれて海で育ち、再び川に戻って産卵します。秋に川に戻ってくる鮭を秋鮭と呼び、新巻(塩鮭)にも使われます。

鮭の旬は9~11月。一般の白身魚に比べて脂肪が多く、ビタミンA、D、B1、B2が豊富に含まれる魚です。

生鮭は焼物、フライ、マリネなどの料理に利用できます。

2013年10月25日 (金)

きんめだい

きんめだいは水深100~500m位の深場にいるため、目と口が大きく、黄金色に輝く大きな目、色も鮮やかな魚です。たいよりも美しい色ですが、真鯛とはまったく別種の魚です。白身の魚なので、あっさり煮たり、鍋にも適しています。

2013年10月24日 (木)

かれい

かれいは独特な体型を持っており、平らな体で、色のついた面と白い面とがあり、色のついた面に二つとも目がある。ひらめ との見分け方は、色のついたほうを上にしたとき、右側に頭がくるのがかれい、左側にくるのがひらめ。「左ひらめの右かれい」と覚えましょう。かれいといえば煮つけが一般的です。また、大根おろしをたっぷり入れて煮あげる「かれいのおろし煮」もおすすめです。

2013年10月23日 (水)

かつお

かつおには、「エイコペンタエン酸」が多く含まれています。この成分は動脈硬化・糖尿病予防などに効果を発揮します。ま た、鉄分やビタミンA、Bなども豊富に含み、とても栄養価が高い魚です。この他にも、貧血の予防と改善・美肌効果・動脈硬化予防 など多くの効果が期待できます。かつおの美味しさを充分に味わうには旨味成分の「イノシン酸」を多くする「たたき」にするのが一番です。

2013年10月22日 (火)

とらふぐ

とらふぐはフグの一種で、食用として取引されるフグの中では一番の高級魚とされ鍋物にしたときには甘味とコクがでる魚で す。フグには、うまみの素であるグルタミン酸やイノシン酸、タウリンが豊富に含まれています。とらふぐの表皮の下にはコラーゲンも多く含まれています。と らふぐといえばテトロドトキシンという猛毒を持っていますので正しく調理しないと食中毒を起こし、時には死にいたることがあります。専門的な知識と技術を 持った人が調理します。

2013年10月21日 (月)

かさご

かさごは食用として非常に美味です。切り身や粕漬けになって店頭に並ぶアコウダイもかさごの仲間。体色は黒か赤の褐色。 深いところにすむものほど赤みが強くなる。煮つけ、ちりなべ、刺身などが一般的。煮つけはウロコを取りエラ下の部分を切り落とし、はらわたを取り除き、水 で洗い、背側の両面に包丁で切れ目を入れ、しょうゆ、酒、砂糖を入れて煮つける。ちり鍋は、ぶつ切りにして、豆腐、季節の野菜や春菊を入れて、ポン酢でい ただくのがおいしいです。

2013年10月18日 (金)

いわし

青魚の代表の「いわし」には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPS(エイコサペンタエン酸)という栄養素が豊富に含ま れています。「DHA」は血栓予防効果や脳内の血液の流れをスムーズにしてくれます。「EPS」は血液中の血小板の凝集を抑制する働きがあり血液ドロドロ を低下させてくれます。また、コレステロール値も低くしてくれる効果があります。この他にも、夏バテ防止・老化防止・貧血予防などの効果を発揮します。

活カニの花咲