プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

老化が気になるときは

かぼちゃ

老化予防、若返りのビタミンといわれるビタミンEが野菜の中では群をぬいて豊富。ビタミンEは抹消の血流を良くし、血管を若々しく保つはたらきがあり、肌のくすみにも効果があるといわれています。また、かぼちゃはカロチンが豊富。ビタミンEと一緒に摂ることにより、老化の元凶となる活性酸素を無毒化します。

2013年8月29日 (木)

美容。しわ、しみの予防のために

  メラニンの生成を抑制して、美肌をつくるコラーゲンの生成にかかせないビタミンCは摂取しても、数時間で体外に排出されるので、こまめにとるとよいです。ふかひれ、たいの目のまわり、鮭の皮の内側などに含まれるコラーゲンは保水力のもとです。

2013年8月28日 (水)

美容。しわ、しみの予防にとるとよい良い野菜③

れんこん

れんこんを切った時に糸をひく粘りの成分、ムチンに細胞を活性化させ、皮膚の老化を防止する働きがあります。また、根菜の中では美肌を作るコラーゲンの生成にかかせないビタミンCが豊富に含まれています。

2013年8月27日 (火)

美容。しわ、しみの予防にとるとよい良い野菜②

ピーマン

ピーマンはビタミンA、C、Eが含まれ、特にビタミンCが多く、しかもピーマンのビタミンCは組織がしっかりしていて、加熱してもこわれにくく、ビタミンCの酸化を防ぐイソフラボンも含むので、効率よくビタミンCが摂れます。赤ピーマンの方が緑ピーマンより、ビタミンA、C、Eが豊富です。

2013年8月26日 (月)

美容。しわ、しみの予防にとるとよい良い野菜

かぼちゃ

皮膚や粘膜を健康に保つカロチン(ビタミンA)が豊富。

また、細胞の老化防止、小じわ、肌のくすみに威力があるビタミンE、肌をみずみずしく保つビタミンCも豊富です。

ビタミンA、C、Eで美容効果!

2013年8月23日 (金)

貧血気味のときにとると良い野菜③

しそ

しそも鉄分が豊富です。またポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれます。アントシアニンは毛細血管を強化して血行をよくするので、貧血の予防になります。

2013年8月22日 (木)

貧血気味のときにとると良い野菜②

れんこん

れんこんには骨髄で赤血球が作られるために必要なビタミンB12が含まれ、悪性貧血を防ぐはたらきがあります。

2013年8月21日 (水)

貧血気味のときにとると良い野菜

ほうれん草は鉄分が豊富に含まれています。赤血球が減少すると貧血気味になります。赤血球の主成分は鉄です。鉄は銅と一緒にとると体内での生理作用が高まります。ほうれん草には銅も含まれます。また、ビタミンCも含まれ、ビタミンCは鉄の吸収をアップさせるはたらきがあります。さらに、骨髄で赤血球がつくられるためにはビタミン12や葉酸が必要です。ほうれん草には葉酸も含まれます。造血作用があるマンガンも含まれています。

2013年8月20日 (火)

肩こりのときは

レモン、梅干、酢、果物にふくまれるクエン酸を摂ると、体内の酸を中和して、新陳代謝を円滑にさせ、血液をサラサラに保って、こりを防ぐはたらきがあります。

2013年8月19日 (月)

肩こりのときにとると良い野菜

にら

にらもビタミンEが豊富。また、筋肉の硬直を防ぐ作用があるビタミンB1の吸収を高める、にら独特の香り成分、アリシンが含まれます。

 

活カニの花咲