プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

えびの健康効果

えびは、高タンパクで低脂肪、糖質はゼロなのでダイエットに最適です。
えびには、血中のコレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果のあるタウリンが豊富に含まれています。

2013年5月30日 (木)

えびの栄養素(食材100g当り)

・カルシウムが50mg
・ビタミンB1が0.07mg
・DHA(ドコサヘキサエン酸)が42mg
・EPA(エイコサペンタエン酸)が50mg
代表的なえびにはボタンエビ、甘エビ、ぶどうエビ、縞エビ、北海縞エビなどがあります。
花咲ではVIPコースのお造りで大ボタンエビや幻のぶどうエビを提供しております。
カニがメインのメニューですがエビもとっても甘くて美味しいです。
是非当店へご来店下さい。

2013年5月29日 (水)

ナマコの健康効果④

ナマコが持つサポニンの一種、ホロトキシンという成分は、強い防カビ作用を持ち、白癬菌を原因とする水虫やタムシの治療薬として実用化されています。ナマコは血を補い、浄化する作用や、腎臓の働きを助け、精力増強にも役立つので、滋養強壮にもぜひナマコをお勧めしたいです。

2013年5月28日 (火)

ナマコの健康効果③

新陳代謝を促進、肌・皮膚を若々しく保つ、クッションの役割をして、体重を支える膝や腰の負担を軽減するなどの作用があるコラーゲンや、コンドロイチンといった近年注目されている栄養成分が含まれているのが、ナマコの特徴です。

2013年5月27日 (月)

ナマコの健康効果②

ナマコには、ビタミンB群・Eなどのビタミンや、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル成分など豊富な栄養成分がバランス良く含まれています。中国では、ナマコが慢性肝炎の治療薬として利用され、補腎強壮効果、動脈硬化を予防する作用、性機能低下の回復作用、便秘の改善や利尿効果もあるといわれています。

2013年5月24日 (金)

ナマコの健康効果

ナマコは、朝鮮人参と同じくらいの薬効があると言われています。ナマコは体の津液(体液の総称)を生成する作用があり、その働きが人参に匹敵するということで、海の人参すなわち「海参」という名前が付いたと伝えられています。

2013年5月23日 (木)

ナマコの栄養素(食材100g当たり)

・カルシウムが72mg
・マグネシウムが160mg
・亜鉛が0.2mg
・ビタミンB1が0.05mg
・ビタミンEが0.4mg
なまこの健康効果には以下のようなものがあります。
・浄化する作用
・腎臓の働きを助け
・精力増強
・滋養強壮
・補腎強壮効果
・動脈硬化を予防する作用
・性機能低下の回復作用
・便秘の改善や利尿効果
・コラーゲンや、コンドロイチンも豊富

2013年5月22日 (水)

筋子の健康効果③

筋子は高コレステロール、高プリン体(痛風の原因物質)、高ナト リウム(塩蔵品の場合)なので、食べ過ぎには要注意です。当店ではミニイクラご飯をコースメニューでお出ししております。

2013年5月21日 (火)

筋子の健康効果②

筋子やイクラを赤く染めている色素のアスタサンチンは現在、がん の抑制効果があるとも言われています。さらに筋子には、『若返りのビタミン』として強力な抗酸化作用があるビタミンE、造血作用があり骨や歯の発育に欠かせない鉄分、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン・ミネラル類も多く含まれており、それぞれ数値レベルが高いです。

2013年5月20日 (月)

筋子の健康効果

筋子とはサケやマスの卵巣を塩蔵加工したものをいいます。
筋子には、DHA(ドコサへキサエン酸)とEPA(エイコサぺンタエン酸)が多く含まれており、特にこれらの脂肪酸は動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞 ・糖尿病など生活習慣病(成人病)、痴呆の予防効果があると言われています。

活カニの花咲