プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

サニーレタス

カニ親父、TVで北海道でサニーレタスの収穫が始まった様子を観ました。

そこでサニーレタスについて、インターネットで調べてみました。

サニーレタスは、かすかな苦味と柔らかな口当たりが特徴の緑黄色野菜である。

淡色野菜である玉レタスに比べ栄養価が高く、特にβ(ベータ)-カロチンにおいては10倍以上も多く含まれている。

β-カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用により、体の老化やガンを防ぐ効果がある。

また免疫力を活性化し、風邪を予防する働きもある。

さらにサニーレタスには、肌や皮膚を若々しく保つ美容効果があるビタミンC、貧血予防に効果的な鉄、余分なコレステロールやナトリウム(塩分)・水分を排出し、むくみを改善する作用があるカリウムなどが豊富に含まれている。

他にもサニーレタスには、ビタミンB群、ビタミンK、葉酸、食物繊維などもバランス良く含まれている。

夏場の食欲の無い時にはサニーレタスを、疲労を回復させるビタミンB1を含む豚肉、又は豚肉を原料としたハムなどと一緒に食べると、夏バテ防止に役立つそうです。

2011年5月30日 (月)

フルボトルワイン赤or白のプレゼントのお知らせ

おはようございます。

カニ親父です。

フルボトルワイン赤or白のプレゼントをしようと思います。

前にもやりましたね!!

皆さんこの機会にふるってご応募ください。

厳選な抽選を行い当たった方にはメールにておしらせ致します。

詳しくはTOPページのトピックスをご覧下さい。

※プレゼントは店にてお食事の際にご提供いたします。

2011年5月27日 (金)

和えものいろいろ①

からしあえの作り方です。

洋がらし、粒がらしどちらでもよいです(粒がらしはゴマ程度の炒り加減で炒り、軽くすりつぶす)。

からしにしょう油とミリン少々を加えてのばし、かたくしぼった山菜をあえこみます。(まんまる新聞より)

2011年5月26日 (木)

行者ニンニク

ニンニク、ネギ、ラッキョウなどの仲間で、ヒトビロともいいます。

スズランと似ているが、ニンニクのような匂いがするので分かります。

根を傷つけたり掘ってしまうと次の年に生えなくなるので、根本をナイフでやさしく切り取って。

「硫化アリル」という物質が含まれ、ビタミンB1の吸収を高めたり、新陳代謝を活発にし、血液中の脂質を減らす働きや血液のかたまりを溶かす働きも。

生のまま天ぷらにしたり、さっと湯がいておひたし、酢味噌あえ、醤油漬けなどにする。

ニラとおなじように卵とじにしてもおいしいです。(まんまる新聞より)

2011年5月25日 (水)

山ワサビ

日本料理に欠かせない味の引き立て役。

若い茎葉と花はさっと湯み通して、おひたしやゴマあえなどに。

根はすりおろし、しょう油をかけてあつあつのご飯にのせたり、刺身の薬味に。

すりおろすときは、おろし器に直角に当て円を描く要領で力をこめておろします。(まんまる新聞より)

2011年5月24日 (火)

イタドリ

地方によって食べるところと、見向きもしないところの差が大きいのが、このイタドリ(スイカンポ)。

山形や新潟では八百屋にも並ぶほどだといいます。

本州北部と北海道には大型で柔らかい感じのオオイタドリが増えます。

これにはごく微量のシュウ酸が含まれるが、加熱し、大量に食べ続けない限りは心配ないといいます。

太く柔らかい新芽を鎌などで摘み、塩少々で良くゆでて水にさらしてから、酢の物、ゴマあえ、酢みそあえ、からしあえ、マヨネーズあえ、天ぷら、炒めものなどに。

酸味のある山菜は酢の物に良く合います。

若い葉は天ぷら、塩漬けにもします。(まんまる新聞より)

2011年5月23日 (月)

ツクシ②

小塩でサッとゆでて。

甘酢漬けは、きれいなピンクで美味。

少し濃い目に砂糖を醤油で煮ておいて、つくだ煮、卵とじ、混ぜご飯などいろいろな料理に使います。(まんまる新聞より)

2011年5月20日 (金)

ツクシ

あまりに身近にあるため見過ごされがちだか、魅力ある山菜の1つ。

子供が取ってきたのを、しっかり洗って料理してあげれば、きっとうれしい春の思い出。

道端など排気ガスや廃油に汚染されていない野原や、農薬のかかっていない場所を選んで摘みます。

ツクシの旬は胞子が飛ぶ前。

頭の部分(果穂)がまだ少し青っぽいものを選びます。

料理の前の下ごしらえは、茎の袴(はかま)をむき取り、洗って3cm位に切り、頭は若いものはそのまま、古いのは切り捨てます。

生から使って、天ぷら、薄味の炒めもの、汁の実やすき焼きなどにもよいです。(まんまる新聞より)

2011年5月19日 (木)

コゴミ

アクがないので生のまま調理します。

ゴマあえ、マヨネーズあえ、クルミあえ、ピーナッツあえなどの和え物や、花カツオのおひたし、酢のものなど、好みのままに使えます。
(まんまる新聞より)

2011年5月18日 (水)

にしん

にしん(ニシン)はイワシ科の魚で全長約35㎝になり、背部は暗青色、腹部は銀白色をしています。

ニシンは北海の回遊魚で、かつては春先に北海道沿岸で大量に捕れ、肥料にもされましたが、近年は漁獲量が減少しています。

ニシンはイワシに似た赤身の魚で成分的にも類似しており、脂質、脂溶性ビタミン、不飽和脂肪酸に富んでいます。

ニシン料理は塩焼きの他、照り焼き、蒲焼き、味噌煮などに向いています。

ニシンは鮮度の低下が早いので、生食用には向きません。

活カニの花咲