プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

北海道産アワビ

こちらが、活カニの花咲で扱っております道産アワビです。

天然アワビです。

ちなみに、アワビは大きさによって用途が変わります。

大きいアワビは、主にお寿司屋さんでシャリの大きさに合わせて斜めに切りネタとして使います。

当店では、皆さんご存知の様にアワビの炭火焼きとして登場致します。

2011年3月30日 (水)

オーストラリア産養殖アワビ

こちらのアワビの殻は、緑色なのです。

それは、アワビの品種の問題なのです。

もともと、アワビは種類があるので驚かれる事もあるかと思いますが本当にアワビなのです。

こちらは、活カニの花咲では扱っておりません。

2011年3月29日 (火)

辛味大根

表面は、紫色をしている大根です。

中身は真っ白です。

辛いので、すりおろして蕎麦ダレにかけたりして食します。

カニ親父ティッシュと大きさを比べてみました。

2011年3月28日 (月)

タチ

ご覧になって頂ければ、お分かりでしょうか?

小さな方は、すけそうだらのタチです。

スケダチと言って生食は出来ません。

花咲では、真ダチを扱っております。

真ダチの方が、大きいのです。

真ダチは、真鱈の精巣です。

もちろん、スケダチもすけそうだらの精巣です。

今回は、真鱈と真ダチの画像をGET出来ました。

2011年3月25日 (金)

ビーツ

東北地方太平洋沖地震において、亡くなられた方々に追悼の意を表します。

被災者並びに関係者の方々に心より深くお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願っております。

こちらは、土が付いていて色は分かりにくいかもしれませんがロシアのボルシチでおなじみの真っ赤な健康野菜、ビーツです。

煮込み料理の他、新鮮な物であれば酢漬けやサラダで、生でもお召し上がりいただけます。(インターネット引用)

2011年3月24日 (木)

フェンネル

東北地方太平洋沖地震において、亡くなられた方々に追悼の意を表します。

被災者並びに関係者の方々に心より深くお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願っております。

ハーブ系の野菜です。

日本名は、ういきょうと言います。

茎は、スープやサラダ・パスタにしたり、煮物にも出来ます。

葉は、料理の飾りや魚の下に敷いて焼いたりもします。

2011年3月23日 (水)

ゼブラ・ペッピーノ

東北地方太平洋沖地震において、亡くなられた方々に追悼の意を表します。

被災者、並びに関係者の方々に心より深くお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願っております。

トマトの話をします。

ゼブラは、青いしましま模様が入ったトマトです。

こちらがゼブラです。

味は、見た目とは違い青臭さは全くありません。

普通のトマトと変わりません。

そのまま食べます。

ペッピーノもゼブラと同様にそのまま食べられる茶色のトマトです。

こちらがペッピーノです。

両者の違いは、色だけです。

2011年3月22日 (火)

カニ親父の思い

巨大地震と大津波は日本にとって戦後最大の災害となりました。

多くの犠牲者にお悔やみを申し上げますと共に被災者の方々にお見舞い申し上げます。

ブログでは正直どういった内容がふさわしいのか分かりませんが悩みながらk書き続けたいと思っております。

2011年3月18日 (金)

山わさびの秘密

はて?また、謎だと思われますが当店の山わさびは1年中ご用意出来ております。

なんと!!山わさびは、すりおろしてレモンをかけて冷凍しますと味がおかしくなりません。

レモンをかけるのは、山わさびの酸化を防いでくれるからなのです。

2011年3月17日 (木)

イクラの秘密

またまた、なぜイクラご飯は春夏秋冬あるのか?

秘密は、生冷イクラ味無しを買い付けます。

血抜きを何度もして、それを漬け込んで冷凍保存しているからです。

冷凍しても味は、全く変わる事はありません。

活カニの花咲