プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

穴子

おはようございます。

カニ親父です。

今日も札幌は雪が降りました。snow

根雪になるのはまだ早いでしょうか。

さて本日のネタは穴子です。

「あなご」は四季を問わぬ良い味と豊富な滋養が重宝されて、祭事の御供物としてよく用いられてまいりました。

様々な食べ方で穴子をインターネットで発見いたしました。

最近の穴子料理は、おしゃれでレシピまで書き込まれ画像までありました。

その多さにカニ親父びっくり!!up

ちなみに、穴子の首に切れ目が入っているのは新鮮さを保つ為活〆を行います。

(インターネット引用)

2010年11月29日 (月)

とらふぐ

おはようございます!!

カニ親父です。

今日は、一晩で雪がこんなにも積もりました。

今日の札幌は雪景色です。

木にも、こんなに雪が積もりました。

リニューアルしたテレビ塔にも雪が舞い降りました。

今年、2回目の雪かきです。

約束通り、皆さんの元へ雪をお届けすることができました!!

さて、今日のブログを始めます!!

このとらふぐは、稚内の宗谷から来たものです。

1.5キログラムあります。

贅沢品です。

皆さんのご存知の様にお刺身、から揚げ等考えただけで美味しさが口の中に広がります!!

カニ親父1度でいいですから、薄く切られたお刺身をザバーッっと取って食べてみたいです!!

芸能人のように…。

この罪作り!!

カニ親父は、白子を焼いて(ホイル焼き)食べます。

毎日、ブログを見てくださってありがとうございます。

カニ親父、これからも力の限り!!cancer

2010年11月26日 (金)

ボラ

おはようございます!!

カニ親父です!!

今日は、ボラについてブログを進めましょう。

出世魚。up

歳時記、俳句季語では「秋」。maple

「いなせ」は勇み肌で、粋な若者のこと。またその様子。rouge

威勢よくさっぱりした気っ風の若者のこと。rouge

魚河岸の若者が、ボラの若魚であるイナの背のように髪を結んだことからくる。sign02

成長により名前が変わる出世魚。dashup

地方によって多少違っているが2〜3センチのものを「ハク」、10センチくらいまでを「スバシリ」、5〜18センチを「オボコ」、10センチ〜25センチを「イナ」、30センチ〜40センチを「ボラ」、40センチもしくは50センチ以上を「トド」。トドのつまりは、ここから来ています。pisces

「トド」を「カラスミボラ(唐墨ボラ)」ということもある。eyeglass

唐墨は、雄の精巣の事をいいます。関東でもボラは高級な食用魚、また祝儀に使われる魚であったことがうかがえる。bleah

相模湾などでは秋から初冬にかけてボラの刺し網漁が行われる。maplesnow

これは白子をとるのが目的だが、刺身や塩焼き、吸い物や、鍋物にして美味である。delicious

ボラは不思議なことに卵巣が成熟して身が痩せても脂はある。shinedeliciousshine

また関東よりも瀬戸内や西日本で、ボラを珍重する。sign03

とくに冬のボラは美味であり、それをよく知っているのだ。snow

刺身は血合いの色が美しく甘味旨味が合って上物のひとつ。up

(インターネット引用)

この画像のボラは、北海道の噴火湾産です。

カニ親父の応援いつもありがとうございます!!kissmark

2010年11月25日 (木)

サザエ

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

おはようございます!!

カニ親父です!!

今日は、サザエの巻!!shinedeliciousshine

ゴツゴツとした殻に硬い立派なフタで身を守るサザエ。pout

このサザエは、秋田県産です。

お刺身、焼いてお醤油をたらし香ばしくお醤油の焦げる香り。spa

考えただけでもたまりません。

サザエもつぶの仲間です。それにしても、つぶよりもかたくなに身を守っております。

理由は簡単です。flair

美味しいからです!!deliciousgood

活カニの花咲をご愛顧いつもありがとうございます!!

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

カニ親父でした!!

2010年11月24日 (水)

ハタハタ

北海道は、寒いのです。

カニ親父、今日もブログに精を出します!!

以前にも、ご紹介いたしましたハタハタです。

ハタハタは秋田県、北海道で多く漁獲されるお魚です。

10月の下旬になるとブリコ(魚卵)といって腹の中のブリコが大きく育ちます。

汁物、田楽、飯寿司(いずし)等に向いた上品なお魚です。

特に北海道では、ハタハタの飯寿司をお正月に贈り物として贈ると大変喜ばれます。

秋田県では、魚なのにうろこが無い魚として昔から珍重されました。

しかし、うろこはあるのです。

ハタハタ自体になめらかさはありながらも、目には見えない小さなうろこがあるのです。

漁師の方は、飯寿司を作る際に内臓と頭を切り、酢水で何回も血抜きをしてその後に、麹、炊いた酢飯、生姜、日本酒、鷹の爪(とうがらし)、色合いに人参、きゅうり等を混ぜ合わせてそれらを樽の中に敷きハタハタをきれいに並べて、また混ぜ合わせた物をまんべん無くハタハタの上にまきその作業を繰り返し行います。

山椒(さんしょう)の実を使うとさらにほのかな、上品な飯寿司が出来上がります。

最低3週間は、必ず寝かせます。

それでないと発酵食品なので食中毒になってしまうので、味見はしません。

そうして出来上がった飯寿司が贈り物として皆さんのもとに贈られるのです。

ちなみに、白身魚なので、虫が付いておりますので、浜のお母さん達は透けて見える虫を取り除く作業を丁寧にします。

もし、虫が入っていたら大変なのです。

生命力が大変強い虫なのですが、発酵と冷凍でようやく死にます。

丹念な作業があって安全な飯寿司が出来上がるのです。

浜の母さん達の愛情に感謝です。

いつも、花咲のブログ応援ありがとうございます!!

2010年11月22日 (月)

水タコ

おはようござます。

カニ親父です。cancer

いつもブログを応援していただきありがとうございます。

今日の市場ネタは日高産の水タコです。

お刺身、たこ焼き等によく登場しますが、過熱する前に冷凍してそのままスライスするとタコのしゃぶしゃぶになります。good

また、お刺身の際に取り除いた皮は、新鮮なものであれば酢味噌和えになり長ネギを加えて余すところ無く美味しく頂けます。goodgood

カニ親父でした。

2010年11月19日 (金)

カスベ

おはようございます。

カニ親父です。

ブログをいつも見ていただきありがとうございます。happy01

今日の市場ネタはカスベです。

カスベとは、エイの仲間で特徴は、骨が柔らかいというところにあります。

昆布でダシを取り、水炊きにしてお醤油に生姜をすりおろして食べるととても美味しいのですよ。delicious

また、その際骨も軟骨の様に柔らかいので食べる事が出来ます。

煮付けにしても美味しいです。good

一晩冷蔵庫に入れて置くとにこごりが出来て、ゼリー状になりまさにコラーゲンたっぷり!!

軟骨もプリップリッ!!

女性の方には特に必見です!!

ちなみに、このカスベは厚岸産です。

2010年11月18日 (木)

寒ブリ

毎朝寒い日が続く札幌です。snow

皆さん、風邪対策は万全でしょうか?oksign02

花咲のブログの応援ありがとうございます!!bleah

寒ブリといえば、氷見の寒ブリでしょうが今年は暑いので根室、歯舞の秋鮭の定置網漁でも獲れます。up

また、市場の方からデジカメを貸して頂きました。

大きさを比べて下さい。downwardleft

北海道産の寒ブリです!!good

ブリブリブリ、お刺身、照り焼き、ブリ大根、ブリしゃぶ等様々な食し方があります。delicious

北に行く程脂がきつく(乗り過ぎる程)なります。up

皆さん、風邪などひかずにご自愛下さい。confidentshinespashine

カニ親父です。confident

2010年11月17日 (水)

サロマ湖のしじみ

Good morning!!

カニ親父です。

今日はしじみをしみじみと紹介しましょう。

サロマ湖のしじみは、でかい!!shinedownwardleftshine

失礼しました。

大きいのです!!up

人差し指と親指で輪を作ってみて下さい。

個人差があると思われますが、その位大きいのです。

市場の方から借りたデジタルカメラと比べて下さい!!eyeglass

はっ!!

本業のカニを最近忘れていました!!cancercancercancer

大変!!run

当店のご愛顧いつもありがとうございます!!

shineshineshineshine

2010年11月16日 (火)

コハダ

おはようございます!!

今朝も冷え込みました。snow

家の中の窓は、結露がよく付きます。sweat01

外は寒く、家の中はぬくい(あたたかい)からです。spa

今日の一品はこちらです!!downwardleft

コハダの仕込みは、最も寿司職人らしい仕事だとカニ親父は考えています。

仕込みのやり方に「コレ」といった決め手というか厳密さがありませんので、塩の加減、酢の加減、それらのやり方は経験による『勘』が大きなウェイトを占めます。

従ってネタとして出来上がる頃には仕込んだ板前によってまったく違うものになるのです。

つまり昔ながらの職人仕事が残ってる作業であり、この仕事で『職人勘』の有無が分かっちまうんですよ。

コハダの仕込みを手を抜かずキッチリとやり、お客様に「旨い!」とおっしゃって頂くのが職人冥利に尽きる。

そう考える鮨職人か、考えない鮨職人に分かれてしまうみたいです。
(インターネット引用)eyeglass

当店のブログを読んでくださり、カニ親父日々幸せです!!

ありがとうございました!!up

活カニの花咲