プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

別海町戸春別(尾岱沼)昭和25年生まれ。まだ故郷には電気が来てなかった時代です。いつもお客様のことを考えて、毎日朝早く新鮮なものをと、札幌中央卸売市場に足を運んでいます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

根室かに祭り

平成21年9月5日、6日に2日間にわたって根室かに祭りが行われます。

母なる海から最高のおくりもの
それは美味しく、
1度食べると忘れられない味でした

これ、根室かに祭りのキャッチコピーです。

グルメ販売コーナーでは食券販売で、てっぽう汁・かにかま(かにの身入りかまぼこ)(冷凍5個入り)・かにみそこんにゃく・かにかきあげ丼・かに厚焼き玉子・かにピロシキ

現金販売で、焼きかに・ゆでかになどが販売されます。

場所は根室港特設会場だそうです。

なんだか他にも歌謡ステージもあるそうですよ。


活カニの花咲のライバルになるかもしれませんが

北海道のカニを盛り上げるためにあえて紹介してみました。

みなさん北海道のカニをよろしく。

2009年8月27日 (木)

気分がいいので

今日は気分がいいので一句歌います。


東海の小島の磯の白砂に

われ泣きぬれて

蟹とたはむる


なんて自分で作ったように言ってみましたが

残念ながらこれは石川啄木の歌です。

蟹という言葉が入っていたのでつい歌ってしまいました。

北海のカニ親父は泣きぬれたりはしません。

と思います、たぶん。

というわけで泣きぬれてはいませんが

蟹とたわむるカニ親父でした。

2009年8月26日 (水)

とりあえず今日は晴れ

えー。

とりあえず今日は晴れということで、よかったですね。sun

今後の天気の移り変わりが気になる方もいらっしゃるでしょう。

わたしもそうです。

9月は気温は平年並み、降水量は平年並みか少なめ。

涼しくてよいでしょう。

10、11月の道内は気温高めだそう。 

10月は高気圧に覆われやすく、平年よりも晴れる日が多いそうです。

降水量は平年並みか少なめというわけで。

11月は太平洋側は晴れる日が多いらしいです。気温は高めだそう。

さわやかな秋晴れも期待できそうですね。riceball

2009年8月25日 (火)

海の厄介者

なんでも今年もエチゼンクラゲが大量発生するんだとか

同じ海産物を扱う者として気になります。

京都府の北部にある丹後半島沖ではすでに目撃情報があるそうです。


エチゼンクラゲは東シナ海で発生するとされます。

日本海沿岸を成長しながら北上します。

重さは100kg以上にもなるとか、私より重い…

最大で直径は1mにもなるんだとか、私の方がスリムだ…


まあ冗談はこのくらいにして

網に引っ掛かって網が破損するといった被害も出るそうです。

水産総合研究センターは大量発生の可能性があると注意を喚起しているみたいです。

ピークは例年10月中旬ごろだが

今年は来るのが早く9月になる可能性があるとも指摘しています。

今年も私たちの頭を悩ませることになるのでしょうか。

2009年8月24日 (月)

北の国から

「北の国から」をTVで観た方も多いと思います。

黒板五郎の子供への愛情に感動した人も多いのではないでしょうか。

「北の国から」を見て、富良野や美瑛を訪れた方もたくさんいるのでは

ないのかなぁと思います。

今この時期は、ラベンダーなどは旬ではないのですが、富良野や美瑛の

街並みは、絵に描いたようにきれいです。

一度は、ぜひ、北海道を訪れて、その時は、ぜひ、札幌の当店「活カニの花

咲」にご来店くださり、たっぷり北のおいしい味覚をお楽しみになっては

いかがでしょうか。

北の国からお待ちしております。


2009年8月21日 (金)

フジツボ

フジツボってご存知ですか?

ご存知の方もおられることでしょう。

「富士壺」と書きます。

エビやカニの仲間なんです。甲殻類というそうです。

味は…貝のような…そう、ツブが一番近いでしょうか。

北海道でしか獲れません。

当店自慢のお酒といっしょに温まりましょう。

2009年8月20日 (木)

お客様たちに逢いたくて…

お盆が過ぎましたね。

お盆中、あたらしい花を飾りました。

カサブランカです。

カサブランカの花言葉は、

雄大な愛

威厳

高貴

だそうです。

お客様の雄大な愛で25周年。

威厳のあるお客様たちのおかげで25周年。

高貴なお客様で25周年。

何度でも逢いたくなるようなお客様たちに恵まれて、当店も25周年です。

お客様たちもご存知のように花咲ガニも今が旬。

ここまで続けてこられたのもひとえにお客様たちのおかげです。

2009年8月19日 (水)

幻の酒、明月

えーと、実はブログ始めて記事が前回で50件いきました。

おめでとう!!birthday


これもひとえに見てくれている皆様のおかげです。

これからも続けていきたいので応援よろしくお願いします。


それでは話を変えまして今日はお酒の紹介です。

このお酒は明月と言います。


菊姫の中の菊姫。

市販を目的としないので普通じゃ手にできません。

まさに幻のお酒です。

分けてもらいました。

ぜひ活カニの花咲に飲みに来てください。

2009年8月18日 (火)

道東の旅③

道東の旅も今日で最後。

今日は浜中駅から始めます。

浜中駅のある浜中町は人口7,000人、

そして牛が23,000頭いるそうです。

なんと牛が人口の3倍以上いるんです。

はまなかミルクランドというキャッチコピーがあります。

大正13年100戸の入植者から始まった町です。


次は落石駅です。

落石では観光客のために今年6月に8キロにもおよぶトレッキングコースができました。

実はこのトレッキングコースは漁師さんたちの手作りです。


ついにやってまいりました、花咲駅。

この地域では、昆布とカニが獲れます。

根室半島でだけ7月からの2か月間花咲ガニを獲ることができます。

この花咲ガニは焼いて食べるのが一番おいしいです。

ほかにも、てっぽう汁などとして食べます。


次は東根室駅。

ここは日本最東端の駅です。


最後に根室駅。

今年5月から納沙布(のさっぷ)岬に頻繁にラッコが現われているそうです。


さあ、皆さん着きました。終点根室駅です。長旅にお付き合いいただきありがとうございました。

実際に花咲線に乗る機会のない方はぜひ当店に足を運んでください。

2009年8月17日 (月)

道東の旅②

この地名読めますか?

1仙鳳趾、2賤夫向、3分遺瀬。

1番目はセンポウシと読み、小魚が多くいる所という意味です。今も漁業がさかんです。

2番目はセキネップ。

3番目がワカチャラセ。

これらの地名は全てアイヌ語に由来していてそれに漢字を当てたものです。

これらは花咲線の沿線にある地名です。


釧路駅から7番目の駅厚岸駅。

この駅はカキのある所という意味があります。

厚岸湾にある大黒島ではゼニガタアザラシを観ることができるアザラシウォッチングツアーがあります。


厚岸駅と糸魚沢駅の間にある別寒辺牛(ベカンベウシ)湿原。

この湿原は日本で3番目の大きさです。。

タンチョウ、アオサギ、カワセミ、オジロワシなどの鳥類が生息しています。

カヌーに乗り湿原を散策することもできます。


7月8日から解禁になった秋刀魚。

この秋刀魚はオホーツク海へ北上していくもので流し網漁で獲ります。

一匹1000円という高値で売買されることもあります。

活きがいいので刺身にして食べると美味しいそうです。


おおっと。今日はここまで続きはまた次回。バイバイ。

活カニの花咲